【インテリア】ピンク色のカラー効果とおしゃれに魅せるコツ

女性に人気の室内インテリア色

ピンク色は女性に大変人気のある色です。
ファッションでもインテリアでも、女性向け=ピンクというイメージがあるほどピンク色は幅広く用いられています。

自然界におけるピンク色はカーネーションやバラといった花の色であったり、白桃やサクランボなど甘い果実の実の色であったりします。

またピンク色は赤ちゃんの肌の色であるなど、柔らかくみずみずしいイメージです。

基本的に色というのは明るくなるほど若々しく、暗くなるほど落ち着きや重厚さを持つようになりますが、ピンクの場合は暗いピンクというものは存在しません。

そのためピンクという色は全体的に若々しさや親しみやすさを感じると同時に、幼稚さや軽さといった印象も与えるのです。

ピンクが好きな人というのは全てピンクというコーディネートをしがちですが、実際ピンクは一色だけでも強烈な印象を持つ特殊な色であることから、徹底的にピンク色にこだわってインテリアを選んでいくのがよいでしょう。

他の色を使用する場合、一色のみでまとめてしまうとどこか落ち着かない印象もあるのですが、ピンクの場合は反対にピンクだけに囲まれているということに安心感を感じることができます。

他の色と組み合わせるのであれば、ピンクの雰囲気を壊さないように清潔感のある白色や、レトロなマット加工をしたゴールド系がおすすめです。

男性向けの部屋にもピンクはおすすめです

一昔前であればピンク色は男性が身につけるべきではないというような印象もありましたが、ここ最近になって男性向けファッションにもピンク色は多く登場するようになってきました。

ネクタイやセーター、マフラーといった身の回りにピンク色を用いることで、男性であっても安心感や包容力といった印象を与えることが可能です。

ピンク色は単色だけでも十分にインパクトのある部屋づくりができますが、他の色と上手に組み合わせていくことにより、洗練されたスタイリッシュな室内に仕上げることができます。

まずおすすめなのが、グレーとピンクの組み合わせです。
グレーのインテリアはインダストリアルデザインにも多く使用され、都会や機械を連想させます。

一見温かみのあるピンクとは真逆な色のように感じますが、一緒に合わせてみるとそのギャップもあって一気に洗練された雰囲気を出せます。

コツとしてはライトグレーを基調にして部屋の多くの場所に配置し、そこにクッションやテーブルなどワンポイントとしてピンクを置いていきましょう。

ピンクは光沢感のあるビビットカラーでもよいですが、ライトグレーと明度の近いライトピンクでも不自然なくなじみます。

大人の雰囲気を出したいなら、ピンクゴールドの金属質な置物を使用するというのも一つの方法です。