朝からさっぱり!「朝シャン」の意外な美容効果とは!?

夜はゆったり眠るためのお風呂、では朝は?

疲れて仕事から帰宅し、お風呂にゆったりつかる瞬間、至福のひと時です。
本を持ってお風呂に入り、半身浴でゆったりストレス解消する方も少なくありませんし、時には食事までしてしまうつわものもいるといいますが、いずれにしてもお風呂は癒しの空間です。

夜のお風呂は仕事で受けたストレスによってバランスを崩した自律神経を正常に戻すリラックスタイムとして有効です。
ゆったりつかる夜のお風呂は眠りにいざなう儀式ともいえますが、朝のシャンプーも、神経系に作用するとてもいい時間になるということをご存知でしょうか。

朝シャンは神経系に作用する?

仕事に行く前にエチケット的に朝シャンをする人もいますし、お風呂に入ってしゃっきりしたいという人もいます。
また、寝癖を直すために欠かせないという人もいます。
実はこの朝シャン、交感神経をオンにする作用があり、朝髪の毛を洗うという行為は実に理にかなっているのです。

夜は高ぶった神経を落ち着かせるためにゆっくりお風呂につかるという人が多いです。
豊かな睡眠のためには副交感神経を優位に立たせて、心身ともにリラックスする必要があるのです。
そのため、疲労して帰宅した時こそ、ゆっくりお風呂を利用してほしいものです。

朝は睡眠中の副交感神経から、心身ともに活動モードにするため、交感神経を優位にする必要があります。
朝シャンでシャワーの温度を徐々に上げていき、水の流れの刺激によって交感神経が少しずつ優位に立ちます。
朝シャンするとすっきりするのは気のせいではなく、交感神経が刺激され活動モードにスイッチが入るからです。

新陳代謝を高める効果

朝シャンをすることで、新陳代謝を活発にすることができます。
新陳代謝が高くなれば、会社に向かうときにはしっかり脂肪燃焼効果をあげておくことができます。
交感神経がオンになる事で、新陳代謝もオンになり、活動的に動くことができるほかダイエット効果も出てきます。

それに!夏などは汗をかいて起きるということもありますし、冬は気温が低い中ぼーっと起きてくるということになります。
夏は汗をさっぱりと洗い流し気持ちよく出勤することができますし、冬は体を温め、代謝が高くなってから出勤することができます。
あわただしく出勤時間すれすれに起きて急いで出勤するのではなく、活動モードに体を整えてから出勤する方が、何もかもプラスになるということです。