1. >
  2. >
  3. 綺麗な目元を目指そう!目の下のクマの改善方法

綺麗な目元を目指そう!目の下のクマの改善方法

綺麗な目元を目指そう!目の下のクマの改善方法

メイク、マッサージ、再生医療による治療を紹介

疲れや年齢を感じさせる目の下のクマ。なかなか取れなくて悩んでいませんか?

クマと一言で言っても、種類が分かれていて、原因も対処法も異なります。
今回はそんなクマ対策についてお伝えします。

色素沈着やメラニンの影響で茶色く見えるクマ

茶色く見えるクマ、通称(茶クマ)は紫外線対策を怠る、洗顔やクレンジングの際に強くこすり過ぎるのが原因で発生します。

目元は日光が当たりやすいため、帽子やサングラス、日焼け止めで紫外線対策をすることで予防できます。
色素沈着対策としてこすり過ぎにも注意が必要です。
洗顔やクレンジングは力を入れ過ぎないようにしましょう。

血行不良が原因のクマ

青く見えるクマ、通称(青クマ)は冷え性や寝不足等で血流が悪くなることが原因です。

疲れているように見られたり、不健康なように見られたりするこのクマは生活習慣を整えることで改善できます。
血行不良が原因なので、寝不足の解消や目の周りの血行を良くするマッサージが効果的です。
また、眼精疲労も目の血流を悪くする原因の一つです。
PCやスマホ閲覧等、眼精疲労を起こしやすい環境にある方は意識して眼精疲労対策を心掛けましょう。
眼精疲労対策には、ブルーライトをカットする眼鏡を用いる、もしくは一日の最後にホットタオルで目を温めるというのもおすすめです。

たるみが原因のクマ

黒く見えるクマ、通称(黒クマ)は目元のたるみが原因で影ができ、それにより変色して見えるのが原因です。

たるみは加齢により、どんどん進行していきますが、エイジングケアやマッサージ、顔の筋肉をトレーニングで鍛えることでたるみにくくなります。

どのクマ対策にも共通すること

茶クマ、青クマ、黒クマと種類別で三つのクマを紹介しましたが、発生する原因を避けて改善をするまでの間も出続けているので人の目が気になりますね。
改善するまでの間もできる限り目立たなくしたいという方にはコンシーラーや赤リップを使うと目立ちにくくできます。

再生医療という方法もある

茶クマや青クマは、生活習慣等を改めることで改善が可能ですが、黒クマは加齢で進行していくので、キリがないと感じる方もいるでしょう。

そんな方には、以下のような美容皮膚科のクリニックで美容再生医療を受けるという選択肢もあります。シワやたるみ、クマを施術によって改善ができます。
肌の再生医療とは | 肌の再生医療専門院RDクリニック
クマがひどいことで悩んでいるという場合は検討してみてはいかがでしょうか。

様々な種類のクマ、気になりだしたらひどくなる前に早めの対策を取るようにしましょう。