アンチエイジングに効く食事とは!?

年齢を重ねてもずっと綺麗でいたい

現代のアンチエイジング世代は本当にきれいになりました。
美魔女という言葉が生まれるくらい、40代、50代、60代にも美しすぎる女性が多いです。
栄養のある食事を摂取できるようになったこと、仕事を一生涯続ける女性が多くなって、人前に出ることが多くなったこと、そして美容、健康について貪欲に知識を求める女性が多くなったことなどがあげられます。

いくつになっても美しくありたいと思う気持ち、素晴らしいです。
40、50代女性の方がより魅力的で女性らしいと感じる若い男性も多いのですが、知識も経験もしっかりあり、女性らしい美しさへの努力を継続してきたことが魅力を向上させる要因となっているのでしょう。

美しく年齢を重ねていくためには、健康であることが第一です。
年齢を重ねてから食べないダイエットなどする人はいないと思いますが、これほど健康を害することはありません。
若い世代は少々無理な食事制限をしても、健康を害するところまで行く人は少ないのですが、年齢を重ねた女性が極端な食事制限をすれば、美しくなるどころか健康を害し、病気を呼び込む要因ともなってしまいます。

和食の魅力

世界的にも認められるほど、和食が人気となっています。
だしをとるという習慣のない欧米諸国の方々が、フランス料理などにかつおだしを利用したり、昆布の出汁の素晴らしさを利用したり、皆さん和食の深い魅力に、プロだからこそ気が付いたのでしょう。

タレントさんやセレブもしかりです。
海外のトップタレントさんの多くが、和食というヘルシーフードを日常の食事にとりいれ、アーチストの中には和食専用のお抱えシェフを雇用しているという方もいます。
それほど、和食というのは理にかない、体にいい効果を与える食事となっているのです。

ヘルシーフードここにありの和食

和食では、「孫子は優しいよ」という頭文字で、アンチエイジングに効果的な食材を表すことができます。
「ま」は豆を、「ご」はゴマ、「こ」は米、「は」はワカメ等の海藻を指しています。
そして「や」は野菜、「さ」は魚、「し」はシイタケをはじめとするキノコ類、「い」はイモ、「よ」はヨーグルトなどの発酵食品です。

これらの食材は和食によく利用されています。
アンチエイジング世代は良質な栄養素の宝庫、和食を基本にメニューを組み立てていくとお肌にも体にもいい栄養素をしっかり補給できます。

アンチエイジング世代注目の食品

お肉類などのタンパク質は筋肉を維持するため必要な栄養素ですが、できれば脂質の少ない良質な赤身、コレステロールが心配な方は、大豆、アボカドなどを摂取するとビタミンEも摂取でき効果的です。

最近よく聞くようになった「低GI食品」をご存知でしょうか。
低GI食品というのは、糖分解が穏やかに進む食品のことで、血糖値の急激な上昇を抑制してくれます。
玄米、キビ砂糖、全粒粉のパンなど、「色味が悪い」という特徴がある食品です。

αリノレン酸などのオメガ3系脂肪酸が注目されています。
オリーブオイルなどオメガ3系脂肪酸は血液をサラサラにする成分が含まれています。
テレビでも話題になったえごま油などもαリノレン酸の仲間、良質な油脂です。

このほか、体の中に毒素をため込まないためにも、デトックス効果のある食物繊維の摂取も欠かせません。
生野菜は体を冷やす効果があるので、温野菜にして沢山摂取しましょう。