おひとりさま女子は持ち家と賃貸どっちに住むのがおトクなの?

一人暮らしの女性にとって家は必要か?

非婚化や晩婚化が進むことにより過去にはなかったさまざまな社会現象が生じている現在ですが、その現象の一つとして含まれるのがシングル女性にとっての持ち家問題です。

これまでは持ち家というのは結婚をして家族を増えたときに当然に選ばれる通過儀礼のような側面がありました。
しかし結婚をしなかったり、してもあえて子供を作らないという選択肢をする人が増えてきたことにより、住宅メーカーや住宅ローンを扱う金融機関にとってのお得意様は全く違った様相を呈してきています。

女性の社会進出が進んだことによりかなり高収入を安定的に得られるシングル女性も増え、自らを主体としてローンを組んで住宅を購入したいという人も珍しくなくなりました。

賃貸住宅の場合にはどうしても間取りや設備が限定的になってしまったり、ペットや楽器が不可になるなど居住をしていく上での不都合がいくつもあります。

その点持ち家やマンションにしておけばその内部をどう使うかは個人の自由となるので、より自分の理想どおりの家に住みたいと思う人にとっては持ち家・マンション購入は大いにありえます。

しかし一方で地価が大きく下落した状態から下げ止まっている現状では、果たして土地や建物という資産を購入するという方法は正しいものなのかという不安がつきまといます。

自分にとっての「住」の重要性で決めましょう

結論から先に言うと、シングル女性が家を買うべきかどうかということは一概にどちらがよいと決めつけることができることではありません。

純粋に資産形成ということだけで見ると、回復基調にある地価は都内の中心部にとどまっているため、地方都市や都内でも郊外は購入しない方がよいということになってしまいます。

さらにここ近年まことしやかに言われるようになった南海トラフ巨大地震のように、いつ巨大地震が来てせっかくの資産である建物が倒壊してしまうことになるかわかりません。

損得ということで考えて保険をかけておくなら、賃貸住宅で過ごしておいた方が気軽ですし万が一の時の資産を守ることもできます。

しかしながら日本においては「持ち家・マンションがあるかないか」は社会的な信用形成に大きな役割を持ちます。
持ち家があることによって受けられる融資などもあり、会社経営をしたり別に不動産融資をしたいと思う人にとっては持ち家は非常に役立ちます。

それになにより自分の住みたい家に住むというのは金銭面の損得を超えた大きな魅力です。
ガーデニングをしたい、DIYをしてみたい、ペットと一緒の生活を楽しみたいといった趣味がある人にとっては、迷わず買いたい家を求めるべきでしょう。

ただし住宅を購入する場合の住宅ローンは20~35年と長いものなので、その間の人生設計にも柔軟に対応できるようにしておきたいところです。