最近話題の「リノベーション物件」とは!?

暮らしやすさのために

建物の設備を新しくしたり、暮らしやすくするために改修する事、それをリフォームといいます。
でも最近、リフォームと別にリノベーションという言葉もよく聞くようになりました。

リノベーションというのは古い物件の魅力ある部分をそのままに、現代、快適な生活ができるように作り変え、でも見た目にはその建物の魅力が生きているという個性的な物件です。
例えば古民家をカフェにしているとか、一軒家をリノベーションし、昔のイメージを保ちつつも個性的でほかの住宅にはない魅力を備えている物件がリノベーション物件です。
構造はそのままで、設備や回収が必要な部分について個性を活かしながら作り替えていくという方法なので、非常に古さを感じる素敵な古民家でも、インターネットが無線ででき、お風呂やトイレの機能も抜群という物件ができるのです。

いろいろなリノベーション物件

リノベーション物件というと一軒家という印象がありますが、リノベーション物件には様々なものがあり、例えば、マンションの一室をリノベーションした物件、また老朽化したホテルなどをマンションなど集合住宅にリノベーションした物件、中古マンションを買取、リノベーションし委託販売するなどの形態があります。
こうした物件の中には、都市機構と民間企業がコラボして作り上げたリノベーション物件もあり、何の魅力もなかった元公共の分譲住宅をリノベーションし魅力ある物件に作り上げたという例もあります。

家具などはコラボした民間企業の商品を採用し、シンプルで使いやすい魅力的な物件に生まれ変わってます。
そのままでは人気がなかった元公共の分譲住宅も、民間企業の素敵なアイデアを斬新に採用し、元の分譲住宅とは思えないほどおしゃれでモダンな人気物件を作り上げた例です。

リノベーションはただリフォームするだけではなく、そこに付加価値があります。
ここに暮らしたいと魅力を感じる物件は、新築やリフォームではなくリノベーションによって全く違うコンセプトで作り上げることも可能なのです。