実は危険!?「オートロック物件」の意外な落とし穴!

KH195_72A

女性のお部屋選びの必須条件といえば

女性が一人暮らしをする際、様々な犯罪が横行する世の中で、防犯意識の高い物件は魅力的で人気があります。
20代、30代女性がお部屋選びをするとき、もっともメリットがあるとあげるのがオートロック物件です。

オートロックの物件はそうではない物件と比較すると、家賃が高くなるなどデメリットも多いのですが、一人で暮らすうえで安全に暮らせるということが第一と考える女性が続々と入居されています。
安全な暮らしがある空間といつも何かあるかも?とおびえて暮らすのなら、女性としてはやはり安全をとります。

でも、オートロックだからセキュリティは万全と思うのは大間違いです。
オートロック完備と聞いて安心することなくほかにどのようなセキュリティがあるのか、しっかり確認することが必要です。

なぜ?オートロックは万全ではない?

オートロックがない物件とオートロックがある物件では、女性としてどうしてもオートロック物件の方が安全性を感じます。
でも、その物件を利用する人に防犯意識がないと、オートロックもセキュリティが万全とは言えないのです。

施錠し忘れなどもありますが、いかにもこのマンションの住民ですという顔で入ってきた場合、住人を装い侵入するという手段も泥棒さんだったらわけのないことなのです。
泥棒というと真っ黒な衣装に身を包み、こそこそしているというイメージがありますが、ごく普通の服装で堂々とマンション内に入れば、誰がその人を泥棒だと判断できるでしょう。
危機意識をしっかり持つ、ということも、現代、犯罪が横行している日本に暮らすものとして重要な意識なのです。

オートロックは誰も入れないでしょ?

女性の多くがオートロックに安心し、この建物には住人以外入れないと思いこんでいます。
でもオートロックの暗証番号を盗み見るなんて、泥棒さんたちにはわけないことです。

現にオートロック付、そのほかセキュリティがしっかりしている高級マンションに暮らす芸能界の方々も、時折、空き巣などの被害に会われています。
オートロックは100%安全だと思わず、「もしかして?」と常に危機意識を持って生活することが、とても重要なことなのです。