へぇ~意外!片頭痛にはコーヒーが効くらしい!?

何とかしたい痛み

脳に病気があるとか何か大きな原因があるということではなく、時折ひどい頭痛が襲う片頭痛は時にたっていることができないほどの痛みが襲います。
病院で検査をしても異常がなく、頭痛薬を飲む以外、痛みを止める手段がないので片頭痛が起こりそうになると恐怖を感じるという方老いるくらいです。

なぜ片頭痛が起こるのかというと、脳内の血管が急激に拡張することで周囲の神経が刺激を受けて炎症を起こすからです。
そのため、片頭痛と診断を受けると血管の拡張を抑制するお薬などが処方されます。
この辛い偏頭痛にコーヒーなどに含まれるカフェインが効果的といわれているのをご存知でしょうか。

コーヒーのカフェインが片頭痛に効果的?

血管が拡張する理由は諸説あり、その中でも主に三叉神経が刺激を受けるからという理由と、セロトニンという成分の分泌バランスが大きく崩れるからなどの理由が挙げられています。
これらの刺激や分泌バランスのくずれによって、血管拡張が起こり片頭痛となるのです。
ではどうして、この血管拡張によっておこる片頭痛にコーヒーに多く含まれるカフェインが効果的なのかというと、カフェインの血管収縮作用が効果的なのだといわれています。

カフェインには脳に作用する働きがいくつかあるのですが、このうち、血管収縮の働きが片頭痛に効果を発揮すると考えられています。
片頭痛は血管が拡張しすぎたことが原因で起こりますが、コーヒーに含まれるカフェインが血管を収縮させることによって片頭痛を改善するというメカニズムです。
コーヒーに含まれるカフェインを効果的に利用するためには、片頭痛が起こりそうなとき、あ・・・やばいなと思うときカフェインを摂取することが大切といわれています。

緑茶、紅茶、ココアにも含まれる

コーヒーが嫌いという方もいると思いますが、そういった方は、紅茶や緑茶、ココアなどコーヒー以外にもカフェインが含まれている飲み物がありますので利用するといいでしょう。
ただ逆に、飲み過ぎると注意が必要ということもあるので、ポイントをしっかり理解し、活かしていきましょう。

カフェインを毎日摂取しすぎると、カフェインの中毒性によって依存症になる可能性があります。
コーヒーを毎日かなりの量飲むという方は、継続的に摂取されている状態です。
毎日適量を飲んでいるということなら問題ありませんが、摂取が大量で継続的となると、すでに依存症となっていて、この場合、過剰摂取により片頭痛がより一層ひどくなる、ということもあります。
カフェインの過剰摂取は胃痛、鉄分やミネラルの吸収を抑制してしまうことによる貧血、さらに興奮作用から自律神経を乱すなどのデメリットがあります。