「間接照明」でお洒落な部屋作りをしよう!

照明の魅力は深いです

電気機器が苦手な女性は多いです。
照明もただ明るければいい、ちょっと暗めであればいいなど結構照明、明るさということにこだわりを持つ人は少ないです。
でも、素敵なカフェやバーなどを見てください。
いずれも照明に気を使っていることがわかります。

照明はインテリアの一部といわれるほど、部屋のイメージを変えます。
白い壁の部屋で明るい照明を使えば眩しすぎる部屋になってしまいますが、間接照明などを利用して、明るさを調整することで素敵な雰囲気のお部屋にできます。
どんなイメージにしたいか?照明を変えるだけでも、大きく部屋のイメージを変えることができるのです。

間接照明を効果的に使おう

間接照明というのは、壁や天井に光が当たることで間接的に柔らかな光をお部屋にともす、というイメージです。
どこに取り付けるか、どんな方向に取り付けるかによって、その印象は全く変わります。

例えばスタンドを間接照明として利用する場合、ベッドの横に置くか、床に置くかでその印象はぐっと変わります。
床に置けばほんのり足元から暖かい光がともされます。
ベッドの横におけば高さが出て間接照明としても、通常通りスタンドとしても利用できます。
置く場所を変えるだけで照明はまったく違う印象となるのも魅力なのです。

天井の照明は方向で変わる

天井に照明を取り付けるとき、明かりの方向は床の方を向いて取り付けるのが普通です。
でも、天井を向けて天井に一旦光を預けてそこから光が漏れるように床に注ぐと、柔らかく目にも優しい間接照明となるのです。

照明器具の形によって天井に向けた照明は、様々な光のデザインを作り出します。
その光もインテリアの一部としてみると、非常に美しく素敵な光です。
上に向けたり、下に向けたり、時に少し光をそらすことによって照明は様々な顔を持った光を提供してくれるのです。

部屋を印象的に変えるなら

家具など大きなものを替えて部屋のイメージを変化させようとすると費用もかかりますし、入れ替えが本当に大変です。
これまで利用してきた家具を処分するのか、それともリサイクルショップなどに買ってもらうのか、その選択も必要です。
でも部屋の印象を大きく変えることができる照明を利用すれば費用もかからず処分の手間も必要ありません。

照明の電球を白色から電球色に替えると暖かなイメージのお部屋になります。
まだ明るさを感じるようなら方向を変えて天井や壁に一旦光を逃してから利用すると、さらに落ち着いた空間になります。
心穏やかに過ごしたい寝室やリビングは間接照明を利用し、ある程度の照度が必要なお子さんの勉強部屋などは白色や昼光色、温白色などを利用するといいでしょう。